初代介助犬ニッキーと2代目介助犬アルファとの、ささやかにしあわせな日々。
<< がんばれ! | main | 友達のこと >>
金環日食

 今朝は6時起き。

 この前の皆既日食をテレビで観て、太陽が隠れて暗いのに水平線は明るいとか、夏なのに冬の星が見えるとか、そんなことに感動した私。
 今度は日食が東京で観られると知って、かなり前からテンション上がりまくり。
 もちろん昨夜は、日食めがねと穴あきカードを準備して、早く寝た。

 そして今朝。…曇ってる。
 窓の外が薄暗くて、太陽は全然見えない。
 こういう時は神頼み。どうか私に、金環日食を見せてください。

 7時ごろ、近くの橋の上に行ってみた。やっぱり太陽は全然見えない。
 親子連れが先に来ていて、子どもが気合充分に日食めがねを握り締めている。さらに家族連れや、出勤前のサラリーマンや、老夫婦なんかが、ぽつぽつとやって来た。

 ふたたび神頼み。どうか私にも、この人たちにも、金環日食を見せてください。

[写真]雲の中に太陽。
 7時15分ごろ、携帯で撮影。
 北の方は青空が見えるのに、南から重い雲がどんどんやってくる。

[写真]アルファ in 日食めがね
 日食めがねの出番はこれだけかも?

 ところが、いよいよ日食も佳境に入ったころ、雲が薄くなってきた!
 雲が薄い時は日食めがねを使い、雲が多くなれば肉眼で見える。太陽は逆向きの三日月型。雲がちょうどいいフィルターになって、携帯でも写真が撮れる。

[写真]暗くなった曇り空で太陽の光。
 7時半ごろはこんな感じ。数分前より暗くなっている。

[写真]雲の中の太陽、もうすぐ金環。
 いよいよ食の最大に近づく。ほぼリング完成。

 そして。

[写真]雲を通した金環日食。
 7時35分、金環日食。

 日食めがねで観るよりずっと嬉しい、雲のフィルターで直接観る、太陽のリング。

 視力の弱い私は、夜空を見上げても星は見えない。眩しいものもちゃんと見えない。
 今回も、日食めがねを使っても観られるかどうか…と実はちょっと心配だった。天気がよくても、私には観られないかも、と半ば諦めてもいた。

 それが、天然のフィルターで、目の前に自然の不思議を見せてもらえた。
 金環食そのものと、条件が重なって自分の目で見られたこと。感無量。

 神さま、頼んだ以上に素敵な演出をしてくれて、ありがとう。

 金環が終わると、集まっていた人たちは、それぞれ帰っていった。
 金環じゃなくても、部分日食だって充分珍しいのに、もったいない。
 晴れてきた空に日食めがねを向けて、ひとりで観たバナナ型や柿の種型の太陽も、素敵だったよ。

| できごと | - | - |
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>


↑応援してくれたら嬉しいです。

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
このページの先頭へ