初代介助犬ニッキーと2代目介助犬アルファとの、ささやかにしあわせな日々。
<< 雷だ! | main | プチ家族旅行 >>
安全確認

 アルファは、盲導犬候補から介助犬に転身した犬。つまり盲導犬の適性がないと判断された犬。
 ニッキーは訓練の頃から、障害物を避けたり、私が気づかずに段差に進もうとすると前に割りこんで教えたり、自然にするようになった。だからその後、角や段差で止まるとか、スロープを探すことを教えた。
 アルにもそういうことを教えてみたけど、何というか…下手。盲導犬になれなかった訳だ、と納得した。ちなみに、麻薬探知犬になれなかったニッキーは、探し物がものすごく下手で、こちらも納得だった。

 そんなアル君も、私と数年一緒に行動しているうちにいつの間にか、上手に障害物を避け、角では一旦止まるようになった。
 もともと慎重(びびりともいう・笑)なアルファは、角で止まった時、左から近づいてくる自転車や車があれば、かなり遠くても動こうとしない。私が気づかずに進もうとしても、後ろに下がって教えてくれる。
 つい先日も、左から来る自転車の音が聴こえずに進んでいたけど、アルファに教えてもらって止まり、あわててバックして無事だった。私は左側が見えにくいのでとても助かる。

 ところが。

 今日の午後、近くの路地(排泄場所として許可を得ている場所のひとつ)でアルファにトイレをさせた。いつもどおり、私が小を流したり大を拾ったりしている間、アルファはシットステイ。
 そこに車が。細い路地なので、私は車椅子を道の端ぎりぎりに寄せた。

 でも、アルは車が来ているのに、道に座ったまま動かない。
「アル、カム!」急いで呼びよせ、リーシュをつかんで道の端に誘導。

 この車、ハイブリッドらしく、エンジン音をさせずにすーっと通り過ぎていった。アルファは不思議そうに車を見送った。

 止まっている車には喜んで乗り、動いている車からは慎重に身を守るアルファ。
 多分その違いは「音」だと思う。音のしないハイブリッドの車が、ゆるゆると減速して止まった時、アルファはそれを、止まった安全な車だと思って、座ったまま動かなかった。

 アルも経験とともに、いろんな状況判断が上手になった。それはとても頼もしいけど…ハイブリッド車や電気自動車が増えたら、なかなか大変そうだ。私とアル、ふたりとも「音」で判断しているから。
 まあこれも、私とアルファが一緒に経験を積むべき課題ってとこかな。

| 後輩アル | - | - |
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>


↑応援してくれたら嬉しいです。

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
このページの先頭へ