初代介助犬ニッキーと2代目介助犬アルファとの、ささやかにしあわせな日々。
<< 新ワザ写真 | main | いっぱいあるね >>
コーヒーが…
 この間、私が仕事をしているテーブルの足元に、おとなしく横になっていたニッキー。そのうち本格的に寝て、レム睡眠に突入。手足がぴくぴく動き始めた。
 全力疾走の夢でも見ているのか、ニッキーさん全身を伸ばして手も足も大きく動かした。肩の辺りがテーブルの脚に触れていたから、その動きでテーブルが揺れ、カップになみなみと入っていたコーヒーが、テーブルにぶちまけられる。
 あーあ、やっちゃった…。
 この時の経験で学習した私は、コーヒーを飲む時は、いちばん大きなモーニングカップに、6分目ぐらいしか入れないことにした。

[写真]黒ラブが座ったイラストのついたモーニングカップ。
* 我が家でいちばん大きなカップ。ニッキーのイラストはKEIKOさん直筆。

 今日、仕事を終え、人間と犬たちの夕食を終え、シャワーを浴びて、後は寝るだけのリラックスタイム。私はいつもの大きなカップに、いつもどおり6分目のコーヒーを淹れた。
 1日の最後に飲むコーヒー。ああ、小さなしあわせ。
 その時ニッキーがやってきた。コーヒーの香りを楽しむ私を1歩下がってじっと見ている。そして、私がコーヒーを飲もうとカップを右手に持った時、ちょうど狙ったように、突然私の右腕に頭突き!
 ニッキーのおなじみ「撫でてください攻撃」だけど、このタイミングでやられたら、私はまたまたコーヒーをぶちまけてしまった。
 あーあ、またか…。

 ニッキーは(もちろんアルファも)、私が仕事や家事で忙しそうな時は、近くに来ても静かに伏せている。大抵はそのまま熟睡する。私の表情や雰囲気から、忙しいかゆっくりしているかを判断しているようで、夜のコーヒータイムには遠慮なく「撫でてください攻撃」が炸裂する。
 邪魔をしないで静かに寝ている時と、思い切り甘えていい時を、ちゃんとわきまえているニッキー。でも、寝ていても頭突きをしても、同じようにコーヒーをぶちまけた。
 結局大差ない…よね?
| ニッキーのこと | - | - |
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>


↑応援してくれたら嬉しいです。

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
このページの先頭へ