初代介助犬ニッキーと2代目介助犬アルファとの、ささやかにしあわせな日々。
今年も
 日曜日はツバメの日。教会の近くにある駅に、去年と同じくツバメがやってきた。
 今年のひなは6羽。

[写真]巣の中にぎゅうぎゅうに詰まったツバメのひな6羽。

 巣はもう、大きくなったひな達でぎゅうぎゅうのぎっちぎち、満員御礼。去年は成長の遅れた末っ子がいて気になったけれど、今回は大きなばらつきはなくてほっとした。でも、これからもうちょっと大きくなるんだよね。巣に入りきれなくなりそうで、そっちが心配。
 野鳥観察初心者の私は知らなかったけど、先輩に聞くと、ツバメの6羽きょうだいはかなり子沢山らしい。親ツバメが上手に小さいひなにも餌をあげているんだろう。よっ、子育て上手。
 見ていると、両親ツバメが交互に、虫を捕らえて戻ってきて、ひなに食べさせて、また飛んでいく。一瞬なので、シャッターを押してから実際に写るまでのタイムラグがある私のコンデジでは、なかなか写せない。

[写真]飛んできた親ツバメに向かって、いっせいに黄色い口を開けるひなたち。

 かろうじてそれらしい姿が撮れたのはこれだけ。しまいに、撮影を諦めて、華麗なツバメの動きにただただ見とれていた。

 親ツバメは、あの黄色いくちばしに条件反射的に獲った虫を突っ込む。先に餌を貰って満足した子は、口を閉じるので、次はまだ餌を貰っていない子が口を開けて待っている。その繰り返しで、最後の1羽がちゃんと餌を食べて満足するまで、親ツバメはせっせと餌を運ぶ。餌が少ない年には、親ツバメは獲れた虫を全部ひなに食べさせて、自分は飢えて死んでしまうこともあるそうだ。命がけで子育てするんだね。
 6羽ものひなが粒ぞろいに育っているのは、それだけ子育て上手な両親なはず。去年の両親ツバメも子育て上手で、一時かなり成長が遅れていた「末吉くん」(勝手に命名)も、きょうだいたちより3日遅れたけど、無事巣立った。また同じツバメが戻ってきたのかな。

 がんばれ、ツバメ。
 今年も全員無事に巣立ちますように。
 そして、来年もまた戻ってくるんだよ。
| 好きなもの | - | - |
福と運

 毎週末のお楽しみ、某駅のツバメ一家。あと2日もすれば巣立ちだ。
 ひなたちはもう、「ひな」じゃなく立派な「子ツバメ」になり、凛々しい顔して並んでいる。

[写真]巣の中の子ツバメたち。

 …ん?
 確か、先週は4羽だったはず。
 いちばん小さい子ツバメ(写真左端)は、末吉くんか、それとも、先週は見えなかったけど、もう1羽末吉よりもっと小さいひながいたのか?
 とにかく今週は、ちょっと小さい1羽を含め、5羽の子ツバメが並んでいた。
 大きくなった子ツバメたちがひしめき合って、小さな巣はぎゅうぎゅう。巣の壁を少しずつ壊しながら、無理やり居住スペースを確保しているワイルドな子ツバメたちだった。
 大きな子達は、羽ばたきの練習をして巣立ちに備えている。いちばん小さい子はもうちょっと時間が必要かな。

[写真]羽ばたく練習をする子ツバメ。[写真]ますます羽ばたく練習をする子ツバメ。

 みんな無事に巣立ちできますように。
 そして、無事に越冬地まで渡りができますように。
 どの子もかわいい。親ツバメもかわいい。

[写真]ツバメの巣とツバうんキャッチャー。

 ところで、ツバメの巣の下には、ツバメのうんこ、略してツバうんを受け止める「ツバうんキャッチャー」(勝手に命名)が設置されているけど、何をどう利用したのか、上側一面にとげとげがある。もしも子ツバメがここに落ちてしまったら、怪我をするかもしれない。
 駅員さんに、あのとげとげを何とかできないかと聞いてみた。
 すると。

「あそこにカラスが乗って、ツバメの巣を襲うんです。だから、カラスが乗れないようにああしてあるんですよ。
 駅なので、カラス避けの仕掛けをあまり大きく作るわけに行かなくて、最小で最大の効果をあげるやり方を考えたのが、あのとげとげなんです」

 なるほど!

 ツバメの巣は、天井すれすれに作られている。カラスは翼が天井に当たるので、巣に近づけない。あの場所を選んだのは、ツバメの知恵。
 ツバうんが人を直撃しないようにしつつ、カラスの襲撃も避ける、とげとげ付きのツバうんキャッチャーは、人間の知恵。
 ツバメが身を守る知恵をしっかり持っていることも、人間がツバメのために知恵を絞っていることも、素敵だね。

[写真]口を開けて親を迎える子ツバメたち。

 ツバメは「福の鳥」。ツバメが巣をかけた家は栄え、店なら繁盛すると言われている。
 ツバメが天敵から身を守るために、人通りの多い場所を選んで巣を作るからそうなるんだと思うけど、ツバメを気遣ってあげるこの駅員さん達にも、ぜひとも福が来て欲しい。

[写真]5羽揃った子ツバメたち。

| 好きなもの | - | - |
末吉くん

 週末になると、飽かず眺めて応援している某駅のツバメ一家。
 今週はひな達も大分大きくなり、ツバメらしくなった。先週とはもう全然違う姿だ。親ツバメは2羽とも忙しく飛び回り、虫を捕ってはひなの口に運ぶ。早すぎて、狙って撮ったりできないけど、ひなを撮ろうとしているとファインダーに飛び込んできてくれることも。

[写真]巣の中から顔を出す、ツバメのひなたち。
 先週、ひなは3羽確認できたけど、今週は、デジカメのレンズの倍率を上げたら4羽見えた。

[写真]大分ツバメらしくなったひなの中に、1羽だけ宇宙人?
 でも1羽だけ、まだツバメより宇宙人に近い子が。
 明らかに小さくて、成長の段階が違っている。多分、他の3羽より遅れて卵から出たんだろう。きっと先週はうんと小さくて、外から見えなかったんだと思う。
 元気に伸び上がってえさをもらおうとしているけど、大丈夫かな。無事に巣立って欲しいな。

 小さい末っ子に注目して何枚も写真を撮っていたら、何となく名前がついてしまった。名前をつけたら情が移ってしまうから、あえてつけないようにしていたのに、いつの間にか私の脳内で、あの子の名前は「末吉」に。
 末っ子と呼んでいたから、そのままだけど、ちょっと縁起がいい。

[写真]命名・末吉。

 無事に巣立っても、最初の1年を無事に過ごせる子ツバメは、たった2割とか。他のひなより不利なスタートを切る末吉には、奇跡の確率だ。

 でも、どうせ死んでしまう命、とは思わない。

 なんたって、末吉本人は、じゃなかった、本鳥は、生きる気満々。

 自分と他のひなを比べることなく、不利な過去も、厳しいであろう未来も考えず、今を生きるのに全力でがんばっている。

 この子が、今生きている一瞬、その命。
 すごいよ。

[写真]巣の中にツバメのひな4羽、ひときわ小さい末吉が、伸び上がって口を開けている。

 最近いろいろあった私も、励まされる。
 どうか、小さな末吉が、奇跡のような確率で、ずっと生き延びてくれますように。
 どの子も、無事に育って生きてくれますように。

 がんばれ、末吉。
 がんばれ、ツバメ一家。

[写真]巣に戻ってきた親ツバメと、口を開けてえさを待つひなたち。

| 好きなもの | - | - |
順調らしい

 ツバメの巣、その後。

 今日例の駅を通ったら、人がよく立ち止まる、改札の横の窓口みたいなところの上を、ビニールシートでしっかり覆ってあった。

 たくさんツバメの「アレ」が落ちてくるんだろうな。
 ってことは、ツバメのひなは順調に生まれて、育ってるんだろうな。

 なんか嬉しい。

 今日は、親ツバメの姿はなかったし、子ツバメも顔を出していなかったけど、デジカメを出して写真を撮っている人がいた。
 私も今度は、デジカメ持ってこようっと。

| 好きなもの | - | - |
がんばれ!

[写真]赤い警告灯を見上げると、ツバメの尾羽と翼と頭が見える。

 この間の週末、駅でツバメ夫婦が巣を作っているのを見かけた。なんだか嬉しい。
 飛翔力こそあれ、攻撃力のないツバメは、弱い鳥。だからあえて、人間の近くに巣を作ることで、子育て中の安全を守っている。
「人間」と「野生動物」は、対立すべきものじゃない。かといって、干渉しないで距離をとること以外にも、共存する形がある。まだ(人間が)野生の鳥に頼ってもらえるのは、嬉しいよね。

 翌週、同じ駅を通ったら、ツバメの声はしなかった。赤ランプの上は狭くてつるつるだから、巣作りには適さないと思ってやめちゃったのかも。ちょっと淋しい。

 そしてそのまた翌週の今日。某駅に、やっぱりツバメの声はしない。でも、赤ランプの真下に、いかにも「危険!」って感じの黄色と黒のしましまテープで、四角く囲ったスペースが。
「この上にツバメが巣を作っちゃったんで、ここ、落ちてくるんですよ」
 と駅員さん。
 何が落ちてくるかは聞くまでもなく…。ま、確かに「危険!」。

 よく見たら、ツバメは留守だったけど、狭い狭い赤ランプの上にしっかりと巣ができていた。
 ああよかった。駅員さんもツバメの巣を撤去しようとはせず、子ツバメの巣立ちまで見守ってくれそうだし。

 私が今住んでいるのは、生まれ育った場所とほぼ同じ。東京だけど、昔はもっと緑が多くて、キジバトやヒヨドリの声が聴こえていた。モズも、春にはウグイスも。他にも野鳥はたくさんいたと思うけど、視力が弱い私の記憶にくっきり残るのは、特徴的な声で鳴く鳥たち。
 それがいつの間にか、カラスばかり増えて、後はスズメぐらい。ドバトすらカラスに追われて減ってしまった。
 車椅子で歩き回れる町なかで野鳥に会えることが少なく、視力も弱いから、私に野鳥観察はほぼ不可能。それだけに、ほぼ毎週通る某駅に、ツバメがいてくれると、テンション上がるよ。

 がんばれ、ツバメ。
 卵が無事に育って、ひなが無事に巣立って、みんなで安全に南へ渡れるといいね。
 ここを通る時には、しばらく眺めさせてね。

| 好きなもの | - | - |
お菓子
[写真]
 のっけから商品名で申し訳ないけど、キャラメルコーンのパッケージが、招き猫になっていた。コンビニで見かけて、つい買ってしまった。このまん丸な目、チャッピーを思い出す。
 1月だから、お正月の縁起物? と思ったら、受験生向けらしい。ロゴもよく見たらいつもと違う。夢をかなえる「カナエルコーン」だそうだ。

[写真]
 中には、ひとつだけ桜の花のような形のコーンが入っていた。5角の星と合格をかけているのか、桜咲く、ってことなのか。
 お菓子を売るためのこんな企画は、テレビの星占いよりいい加減だろうとは思うけれど、せっかくだから、きっと願いが叶うとポジティブに信じることにしよう。

 願いが叶うなら、まずはこの方に食べてもらわないと。
 もちろん人間用のお菓子は、普段はうちの子たちにはあげない。でも、縁起物だから、このひとつだけね。

[写真]
* 写真は、私の手に乗せた「願いの叶うお菓子?」をじっと見るニッキー。この後おいしそうにさくさくっと食べた。
 で、当然アルファにも、公平にひとつだけあげた。

 ずっと一緒に、ずっと楽しく、ずっと幸せに過ごせるように…という、私とニッキー共通の願いが、きっと叶うよ。
| 好きなもの | - | - |
ピンク
 お節とお雑煮も昨日まで。今日は久々のハンバーガーがおいしかった。
 そして、お正月休みも今日まで。読書と散歩でゆっくり過ごした。

 夕方、アルファと近くのユニクロへ。入り口が階段の上なので、インターフォンで店員さんに頼んで、荷物用のエレベーターに乗せてもらった。
 レザーっぽいジャケットが欲しかったけれど、試しに羽織ってみたら重くて、腕が動きにくい。これじゃ車椅子が動かせないので諦める。でも、帰りも店員さんにエレベーターを使わせてもらうから、何も買わずに帰るのもなぁ…。
 で、店内をアルファと一緒にうろうろ歩き回った末に、今日まで特価のキルティングパーカーと、軽いマフラーを買った。
 パーカーは派手なショッキングピンク、マフラーは淡いピンク。
 蛍光イエローや派手な水色、それにオレンジと、いずれ劣らぬパワフルな色が並ぶ中、不意に「今年は、ピンクが私のラッキーカラー!」と閃いたのだ。閃いたから、根拠なく実行。
 パーカーは真冬の散歩には薄いから、マフラーで首元を暖かくして、この冬いっぱい、散歩ファッションはピンクの予定。似合うとは思わないけどピンクは好き。
 あてにならない直感はともかく、ピンクは人の気持ちを優しくする色。これからの1年をおおらかに優しく過ごせるといいな。
| 好きなもの | - | - |
ハロウィン前夜
 この間買い物に行って、黒猫のストラップを買ってしまった。だって、チャッピーに似てたんだもん。そして、あまりにもかわいかったんだもん。
 ストラップって結構、貰ったり、何かのおまけについてきたりするけど、私の場合は犬たちがくわえるので、携帯電話にはシンプルで丈夫なのをひとつだけ付けている。どうしても気に入ったり、思い出があったりするストラップは、デジカメとかipodとかに付け、さらにバッグにも付けるけど、ストラップが増えると付ける場所がなくなって困る。何だか本末転倒。
 そんな訳で自分には必要でないストラップ、ちょうど10月終わりが誕生日な母にあげた。チャッピーそっくりの黒猫とピンクのきらきらがついたストラップは、彼女の好みにあったようで、無駄遣いを咎められることもなく、喜んでもらえた。

 ニッキーが我が家に来てから、徐々に増えていった黒ラブコレクション。黒ラブのマスコット、ぬいぐるみ、Tシャツ、クッション、バッグ、置物、ブローチ、タオル、壁掛け、ペンケースなどなど。アルファが加わると、黄ラブバージョンも続々加わった。
 最近では、値下げされていたこんなティッシュケースを購入。
[写真]ちょっとリアルな、黒ラブティッシュケース。ぬいぐるみの背中からティッシュが出ている。

 でも、猫歴が長い割に我が家に猫グッズは少ない。大事にしていた陶器の猫もガラスの猫も石膏の猫も、みんな本物の猫たちが壊してしまって、残っていない。
 だから。ハロウィンの前になるとあちこちで見かける黒猫雑貨の数々、いくつか買ってもいいかな…と、散財を言い訳するこの頃。
 先週は、イベントから帰宅する途中の駅ビルで黒猫柄のひざかけを見かけて購入。これは、もっと寒くなったら、足が冷えやすい私が自分で愛用する予定。
[写真]黒猫柄のひざ掛け。

 そして今日は、こんなものを発見。
[写真]紅茶のパックの黒猫イラスト
 1リットルの紅茶パックに、黒猫のイラストが。スーパーで99円だったので、大して迷わずに買った。
 ハロウィンは黒猫好きな私の場合、衝動買いの誘惑にあちこちで出会う季節。

[写真]片耳がひっくり返り、耳の内側の白髪がぽっと出ているニッキー。
 おまけに、本日のニッキー。
 耳の中の白い毛が、イワトビペンギンの飾り羽のよう?
| 好きなもの | - | - |
犬猫三昧な休日
 連休最終日。本当は家族で出かける予定があったけれど、例の赤ちゃん猫に頻繁に授乳しなければいけないので、私は留守番。行き先にはせっかくニッキーと後輩両方の同伴許可を取ったのに、犬達も当然私に付き合って留守番。
 天気がいいから、窓を開けて日当たりのいい部屋にいると、ニッキーとちょびと候補犬がぞろぞろ集まってきて、思い思いの場所に寝転んだ。それぞれ時々目を合わせて、お互いの存在を確認する。
 ああ、しあわせ。犬と猫に囲まれて、日差しと風が気持ちよくて、これ以上何もいらない。

 ニッキーは相変わらず猫に優しい。箱の中でちび猫が鳴くと覗き込み、それから私に教えてくれる。ちびちゃんは順調に成長中。
 夕方の排泄と授乳タイムで、ちび猫は途中でミルクの温度が低いと駄々をこねたけれど、哺乳瓶ごとお湯につけて少し温度を上げると、また元気にミルクを飲んでくれた。そろそろ生後2週間、随分よく動き、ミルクの飲み方も力強くなっている。
 よちよち歩きでぐんぐん前進し、大きな障害物はちゃんと分かるようで、ぶつかることもない。母猫の声を真似て「ぐるるるる♪」と呼びかけたら、方向転換して私の方に向かってきてくれた。
 どのくらいの視力があるかは分からないけれど、私が床に寝転んで目線の高さを同じにしたら、私の顔をじっと見ているような様子を見せる。お腹いっぱいで満足なちびちゃんは、そのまま私にくっついて、喉を鳴らしながら寝てしまった。
 ああ、これまたしあわせ。結局連休も、いつも通りに終わってしまった。

[写真]子猫の寝ている箱に顔を突っ込むニッキー。
[写真]今日のちび猫ちゃん。

 箱根の温泉に日帰りで行ってきた両親のお土産は、名物・黒たまご。食べると7年寿命が延びるという縁起物だそうだ。長生きして欲しいから、犬たちにも分けた。硫黄の匂いを嫌がるかと思ったが、気にせず喜んで食べていたから、気に入ったんだろう。
 愛しい犬猫が長生きして、いつまでもこんなしあわせな日々が続きますように。

[写真]「黒たまご」の袋をくわえたニッキー。
| 好きなもの | - | - |
四季の記憶
 暑かろうと寒かろうとその時々の季節を感じられる瞬間が好き。といっても、エアコンのきいた部屋でせみの声を聴いたり、こたつに入って窓から雪を見たりして喜んでいる軟弱な私、暑さにも寒さにも人一倍弱い。
 高校時代までは、慢性登校拒否状態だったので、夏休みが待ち遠しくてたまらず、夏の匂い、夏の日差しが何より嬉しかった。夏のイベントでどうにか友達ができたこともあって、毎年夏を待っていた。
 大学時代は反動のように楽しかったけれど、特に懐かしいのが本格的に寒くなり始めた頃の大学祭。夜遅くまでサークルの友達とあれこれ準備やら練習やらをしていた楽しさを、今でも寒くなると思い出す。
 夏も冬も、背中やひざが痛んだり、腕が上がらなくなったりすることも多い気候なのに、今でも大好きなのは多分、学生時代の記憶と結びついているせいだろう。
 本当は、今くらいの秋が、私の体調はいちばんいい。暑さから解放されてニッキーも元気だ。特別な連想はないけれど、何事もなく自分と相棒の調子がいい季節。だから秋も好き。
 今年の秋は多分、後輩犬の訓練の仕上げに頑張ることになるだろう。そしてニッキーにも、新しいことを始めさせようと思っている。楽しい秋になるといいな。いつかずっと先に、ふと思い出すような。
| 好きなもの | - | - |
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>


↑応援してくれたら嬉しいです。

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
| 1/2pages | >>
このページの先頭へ